私たちの会社バシュクウェイ(Bashukway)

日本語のツアー

2001年創業。オーストラリアで誕生し、東京でビジネスを展開。日本人、オースオラリア人、韓国人、中国人などを主
な対象に、少人数で一味違うアドベンチャラスなツアーを行う。団体や個人を対象に、日本の他のツアー会社の代理、
宿泊や交通の予約、といった業務も行う。小回りのきく機動性を生かし、アクティブなサービスを提供する団体(例え
ばラフティング体験教室)、また小規模な民宿、旅館と連携をとってきめ細やかなサービスを提供。また、グルメツ
アーといったような従来通りのスタイルのツアーも手がけ、幅広いマーケットのニーズにこたえるべく事業を展開。

ツアーで紹介する場所には自信がある。その土地その土地で様々な体験をし、発見をしてきたことで、その土地に特別
な愛着がある。故に、そこをお客様に紹介することが大きな喜びとなるのだ。ツアーに組み込まれている場所は、実際
が私たちが自分たちの子どもとサイクリングやハイキング、探検しに行くところなのである。最高の場所で、気軽に楽
しく、そしておいしい食事を楽しむ、それが私たちのツアーのスタイルだ。

私たちの旅行のスタイル
  • いわゆる大型の観光バスなどは使用しないで可能な限り公共交通機関を使用する
  • 地域経済に貢献するよう、地元資本の小規模な旅館、料理屋、市場を使用する
  • 私たちのグループリーダーは、我々の価値観を旅行者および旅行先の地域社会に伝え、持続的ツーリズムが実行
    できるよう努力する
  • 私たちは、お客様の地域文化と習慣などに対する理解を深めていただくために地元ガイドを雇う
  • お客様に直接文化を体験してもらい、異文化理解を深めるのに役立つよう少人数グループのツアーを行う。

私たちのビジネスのベースにあるのは「責任ある旅行」(responsible travel)、つまりその地域の文化を尊重し、環境
に配慮するということ。私たちの活動が、地元にとって最大限良い影響を与え、ネガティブな影響は最小限になるよう
努めている。
私たちが協賛する組織

ワールド・フレンドシップ・センター(World Friendship Centre)
平和を願い、広島市をベースにし、世界のあらゆる国の人間が集い、経験を分かち合うことを目的とした場を提供する
のがこのセンター。

篪庵(ちいおり)トラスト(The Chiiori Trust)
茅葺き屋根の農家の家屋をベースとし、篪庵トラストは地域の文化の保存、都会への人の流出低減を目的とし、地方に
おける地域社会に根ざしたツーリズムを目指し活動を行っている。

ムルトア(Murtoa)
ムルトアは組織ではなく弊社創業者の出身の町、したがって強い思い入れがある。小麦の生産の町だが、近年は大干ば
つに苦しんでいる。我々は何とか手を差し伸べなくてはならないと考えている。

Group Leaders(グループリーダー)
Bashukwayのグループリーダーは人によって様々な経験や経歴を持つ。旅行経験の豊富さは大事ではない。リーダーた
ちは真の日本をお客様に紹介することに誇りを持って仕事をしている。そして私たちの考え方の核である「責任ある旅
行(responsible travel)」に強く賛同している。意欲的、フレンドリー、知的、正直、楽しいことが好きで、仕事の処
理能力に長け、問題解決能力、人間関係に秀でていること、それがグループリーダーに求められているのだ。

私たちとグループリーダーとして働きませんか?
Yuka Suzuki(鈴木優香)

富士山、ウナギの生産、(ついでに餃子消費日本一でも)有名な静岡県生まれ。父親の仕事
で7才のときにシカゴへ行くが、学校では唯一の日本人であったことが影響し、反抗的な性
格になる。12才で帰国してから中学、高校では、アメリカとの文化の違いを強く意識させら
れ、必然的に大学では日本文化を専攻することに。相撲に興味を持ち、時間が許す限り相撲
観戦漬けの日々を過ごす。好きなこと:お相撲さんとおしゃべり、ハイキング、カラオケ、
サッポロビールを飲むこと。
Hiro (松村浩之)

世界一グレートな都会(少なくても人口は世界有数)東京生まれ。父親の仕事の関係で7才
でソ連(当時はロシアではなく・・・)・モスクワに。表向きはモスクワ日本人学校で小学
校時代を過ごしていたが、実は陰でKGBの訓練を受けていたという説もある。12才で帰国、
中学でラグビー、大学ではジャズバンドでドラムをする。大学では経済学を専攻していたは
ずだが、実はいまだにGNPとGDPの違いも分からないという。卒業後、キティちゃんのキャ
ラクターグッズのサンリオに入社、同社退職後、いくつかの出版社で勤務する。趣味はパラ
グライダー、カイトボーディング。